番外編2 企画のタイプ


企画の種類に続いて、「企画のタイプ(型)ごとの留意点」を解説します。
企画をすすめるときに、いきなりあれこれ考えはじめてしまうとロスが多くなります。「その企画のタイプ(特性)」を見極めておくと対策の的が絞れます。タイプごとにうまくやるポイント(留意点)を押さえておくと、作業のしやすさはバツ群に変わるはずです。
大きく3つの切り口で、各2つの型に分類しました。
(1)企画の発案者
①答申型(指示に応えて企画する)
②提案型(自分から企画を持ち込む)
(2)課題の発生状況
③問題解決型(起きた問題に対処する)
④課題発見型(問題が起きないように考える)
(3)カバー範囲から
⑤企画立案型(どこで何をすべきか、すべてを考える)
⑥計画策定型(設定された目的達成の方法だけを考える)
続きは